社会人となった通信制高校卒業生の体験談

通信制高校を卒業して介護士となりました

図書館でお勉強私は、通信制高校を卒業しました。
現在、介護施設で働いていて、社会人として充実した日々を送っています。
ここでは、通信制の高校への入学から卒業までの経緯を体験談として紹介します。

進学校でドロップアウトしてから通信制高校を探しました

通信制の高校を選択した理由は、中学校卒業後に入学した高校を中退したからです。
私は、私立の有名進学校に通っていましたが、校風になじめないまま一年生の春に中退する決断をしました。
とはいえ、親に経済的な負担をかけたくないので、働いて身を立てようと思いました。
しかし、中卒を募集している求人はごくわずかです。
そこで、自分の将来の可能性を広げるために、通信制高校で高卒の最終学歴を得ようと決心しました。

私の通信制高校の日常

通信制の高校の多くは、4月と10月に新入生を受け付けています。
私は、10月に入学して、新たな学生生活を送ることになりました。
そこから、アルバイトと学業を両立する日々が始まりました。
まず、朝の5時に起きて、机に向かいます。
そして、昼間はガソリンスタンド、夕方からは居酒屋のアルバイトに精を出して、深夜に帰宅する生活を続けました。

インターネット授業「eラーニング」の実際

私が利用した通信制の高校は、eラーニングによるインターネット授業を採用していました。
そのため、授業は先生の授業を動画で見る形式でした。
まるで教室で授業を受けているような感覚で学習できるので、一人で教科書を読み進めるよりも学習への理解が深まりました。
動画は何回も再生が可能で、わからないときは軟度も再生をして聞きました。
また、授業内容に対する質問は、随時メールで受け付けています。
よって、疑問点があればすぐに聞いて解消できます。
加えて、先生からの回答は、いつも迅速で的確でした。
eラーニングによる授業は、徹底的にペーパーレス化を図っています。
テキストも、すべてダウンロードして使用するゆえに、良心的なコストが最大のメリットです。
そのおかげで、決して多くはない収入ながらも、勉強を継続することができました。

登校して授業を受けるスクーリング

さらに、通信制高校には、年に数回の登校日があります。
登校日は、先生と面接をして、授業に対する意見や自分の近況報告をします。
担任の先生は、私の頑張りを認めて励ますことを忘れない方でした。
そのおかげで、くじけないで卒業までこぎつけることができました。
定期的に実施されるテストやレポート提出では、間違えた箇所に対して、丁寧な指導が行われました。
常に、次の学習につなげる指導方法なので、勉強に対して向上心を保つことができました。
その結果、3年の学習期間を経て、無事に高校卒業の認定を得ることができました。